作業手順書

私たち電気工事の現場で行う、接地抵抗の測定試験。
接地抵抗とはいわゆる”アース”と呼ばれているものです。
漏電対策として備えなければいけない身近なものでもあります。

そして、工事完了段階。
施工後に決められた品質を確保できているかを試験する作業手順書を作成中です。

「安全に」「良い品質の製品を」「効率的に作業を行う」を基本に社員皆が同じ手順で同じ条件で作業できる様、留意して作成してます。

全てはお客様、そして社会に貢献する会社の基本方針です。

 

LINEで送る
Pocket

結露対策

お客様より分電盤の中が結露するのでなんとかならないかとご相談頂き、安価で簡単に結露対策できるものはないか探したところ、調湿材なるものを見つけました。

メーカーの説明によると高湿度の環境では吸湿し、乾燥した環境では放湿する可逆性があり、周辺湿度を安定化させることで結露を抑制するとの事。

設置も簡単で両面テープやビス止めして取り付けるだけOK!

通常、結露対策というと換気扇や除湿器等思い浮かべるが、これなら電源は一切使用せず環境にも優しい製品と思い、提案させて頂きました。

お客様からご注文いただき、早速設置致しました。 鋼板製の分電盤だったので調湿材に両面テープでマグネットシートを貼付け、扉の裏に取付。

安価で設置も簡単な調湿材。
他にも色々と活用できそうです。

 

LINEで送る
Pocket