テレビ映り修理

先日、地上デジタル放送が受信出来なくなってしまったということで修理にお伺いしてきました。

原因はこの部分でした。

接栓という材料で増幅器や分配器などに接続する際に使用する物です。

ぱっと外から見た感じだと普通に施工してある感じですが、

中を見てみると、

中の絶縁体がなく外側のシールド線と芯線が接触していたのが原因でした。

真ん中の芯線の周りにある透明の部分が絶縁体で外側のシールド線と接触しないようにしておかないと 今回のようなことになってしまいます。

長年使用していた際に外との気温差で電線が伸びたり縮んだりして 絶縁体が縮んでしまったのが原因としてと考えられます。

もし、テレビのことでお困りのことがあれば当社にご連絡下さい。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です