非常照明器具増設工事

非常照明器具増設工事を行いました。

非常照明器具増設する前の天井です。

 

これが天井に穴を開ける工具フリーホルソーです。

開口寸法にあわせて穴の大きさは10cmです。

 

天井に穴が開きました。

ケーブルを配線した状況です。

非常用照明器具の中身になります。

上の写真がバッテリー
左の写真がカバー
右の写真が本体

 

非常用照明器具の本体、バッテリーを取付ました。

非常用照明器具のカバーを取付しました。

最後に点灯試験を行い完成です。

非常用照明とは、避難するための通路や居室に対して、一定の照度を確保するための防災設備です。非常用照明には内部に電池が収納されており、電源供給が断たれた際であっても、自動的に内部電池から給電されて点灯します。

普段は消灯しているので気づきませんが、火災や事故によって停電が発生した時 一定時間点灯して避難通路を明るくします。

設置基準は、建築基準法によって定められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です