Members

辞めたい瞬間があってもいいんです。
ただ、面白さを知らずに
辞めるなんてもったいない。

執行役員 工事部長
上原 健一

辞めたい瞬間があってもいいんです。
ただ、面白さを知らずに
辞めるなんてもったいない。

執行役員 工事部長上原 健一

入社して26年、辞めたいと思ったことは正直何度もありましたよ(笑)。当時は昔ながらの職人気質の人が多くてすごく厳しかったですし、仕事の難しさに挫折しそうになったこともありました。それでも今ここに残っているのは、壁を一つ乗り越えるたびに新たなやりがいや面白さを発見できるからです。最初は、打ち合わせの内容についていくことすらできなかったのが、徐々に自分の意見を言えるようになったり、1年前にはできなかった工事ができるようになったり。社内の先輩に認められるだけじゃなく、お客様に頼られたり、直接ありがとうと言ってもらえることもどんどん増えていったんです。数多くの案件を経験して、いつの間にか電気工事士や現場代理人としての醍醐味を味わえるようになりました。

それは、うちにいる社員全員が経験してきたことだと思います。そのため誰もが、仕事の厳しさやつらさはもちろん、その先にある達成感ややりがいまで共有することができる。良くも悪くもうちは人間臭い社員が多いんですよ(笑)。だからこそ結束して、湯井電気という組織で戦っていきたい。個の能力を高めるために、組織で何ができるのか。組織のパフォーマンスを高めるために、社員それぞれがどう動いていくのか。現場を長年経験し、生の声を聴いてきた私だから会社に貢献できる方法があると思っています。チャンスは広がっている会社だと思うので、まずはそのチャンスを社員それぞれが最大限活かせるような環境をつくることが目標です。

ページトップへ