BS 4K8K衛星放送について

2018年12月以降よりBS・110度CS新4K8K衛星放送が開始しました。 放送を受信するためには3224MHz対応の機器が必要となります。

また機器の他に4K8K用チューナーも必要となります。 フルハイビジョン(2K・約200万画素)と比べ、4Kは4倍(約800万画素)、8Kは16倍(約3200万画素)の画素数なので大画面でも粗さが目立ない特徴があります。

既設住宅での4K・8K衛星放送対応アンテナに交換した場合、 電波漏洩を引き起こします。 4K8K放送を見るために機器の交換を行います。 電波漏洩を起こさないようにBSアンテナ、ブースター、分配器、壁面テレビ端子を交換します。

4K8K衛星放送対応の機器になります。

交換前のBSアンテナです。

交換後のBSアンテナです。

交換前のブースターと分配器になります。

交換後のブースターと分配器になります。

交換前の壁面テレビ端子になります。 壁の色に合わせて利休色になっています。

左側が既存の壁面テレビ端子、右側が4K8K衛星放送の壁面テレビ端子の裏側になります。 右側はカバーで囲われていて電波漏洩しない構造となっています。

交換後の壁面テレビ端子になります。 見た目は同じメーカーの後継品で既存品とそっくりです。

電波測定中です。

これで工事終了です。

4K8K BS衛星放送機器交換の補助金申請や工事を行なっているのでご依頼、ご相談お待ちしています。

LINEで送る
Pocket

テレビ映り修理

先日、地上デジタル放送が受信出来なくなってしまったということで修理にお伺いしてきました。

原因はこの部分でした。

接栓という材料で増幅器や分配器などに接続する際に使用する物です。

ぱっと外から見た感じだと普通に施工してある感じですが、

中を見てみると、

中の絶縁体がなく外側のシールド線と芯線が接触していたのが原因でした。

真ん中の芯線の周りにある透明の部分が絶縁体で外側のシールド線と接触しないようにしておかないと 今回のようなことになってしまいます。

長年使用していた際に外との気温差で電線が伸びたり縮んだりして 絶縁体が縮んでしまったのが原因としてと考えられます。

もし、テレビのことでお困りのことがあれば当社にご連絡下さい。

LINEで送る
Pocket