火災警報器交換

住宅や集合住宅についてる火災警報器です。

現在は寝室と寝室のある階の階段最上部の設置が
義務づけられています。

地域によっては居室や台所にも設置義務があるようなので
確認をした方がいいですね。

また10年たった火災警報器は交換を進めています。

電池寿命が約10年なので交換した方が良いですね。

今回の写真は10年たった火災警報器を交換した写真です。

 

交換前の火災警報器

交換後の火災警報器

 

LINEで送る
Pocket

特定小規模火災報知設備

防火対象物で

・消防施行令別表第1 (2)項ニ(カラオケボックス等)
・令別表第1(5)項イ(旅館・ホテル・宿泊所等)、(6)項ロ(養護老人ホーム・救護施設・乳児院等)
・令別表第1(6)項イ(病院、診療所等)及び(6)項ハ(老人デイサービスセンター、厚生施設、保育所等)に掲げる防火対象物のうち利用者を入居させ、又は宿泊させるもの.

以上の建物で300㎡未満の建物には火災報知器も特定小規模火災報知器が認められます。

こちらが特定小規模火災報知器です。

住宅用火災報知器と同じに見えますが、消防認定をしっかり取っております。

ですが、全て無線式及びバッテリー式なので配線工事は不要です。

設置基準が2㎡以上の部屋・納戸等のすべてに設置となり、最大で16台(メーカーによります)までという制限はありますが、該当する施設を建設する際には検討対象としても良いのではないでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket

住宅用感知器

h281021-3

こちらが熱感知器

 

h281021-4

こちらが煙感知器

 
違いがわかりますか?

 

違いは、真ん中のセンサーです。

 

熱感知器はキッチンに、煙感知器は寝室、階段等に設置が義務化されています。

もう設置されていますか。

まだの方は早めに弊社へご連絡を (^O^)

 

LINEで送る
Pocket

火災報知器

H271225-1

これは、一般家庭用の火災報知器です。

取付場所として、寝室・階段は全地域で取付が必要になります。

取付方法としては、天井取付の場合は壁面または梁から60cm以上離して取付けます。

また、壁取付は天井から15cm~50cm離して取付けます。

自分で取り付ける場合は、色々と決まり事があるので注意してください。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket