防爆施工 フィッチングについて

防爆とは読んで字の如く、爆発を防ぐ事です。

防爆施工とは可燃性の蒸気又はガスが存在する環境の中に施設する電気設備において、これを内部で起こるガス、蒸気の爆発に耐える容器内に収め、かつ内部の爆発により蒸気、ガスに着火を起さないようにした施工であります。

防爆箇所における電気設備金属管施工では管路内の誘爆を防ぐ為にフィッチング施工を施します。

これがフィッチング配管と配管の間に取り付けます。

フィッチングの中にシーリングコンパウンドを入れてフタを閉めれば完成です。

もちろん照明器具も防爆仕様です。

電気工事依頼、ご相談お待ちしております。

LINEで送る
Pocket

LANケーブル

パソコンをルーターやHUBなどに接続する時に使用するLANケーブルの成端をしている手順を紹介します。

外側の被覆を取ります。

被覆を取るとこのような状態になってます。

2本で1組になってよじれているので、ほどいて順番通りに並べます。

ここで順番を間違えて成端をしてしまうと繋がらないので一番気を使う場面です。

先端の長さを揃えて切断をしてコネクターに挿入をして専用の工具で圧着します。

これで片側の完成です。

反対の先端も同じ作業を行って、最後に順番通りに圧着されてるかをテスターで確認をして完成です。

LINEで送る
Pocket

スマートHEMS

お客様の住宅にスマートHEMSを設置させていただきました。

HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略で、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムとなります。

今回は電気の見える化を行いました

こちらがメイン画面。

こちらで今、どのくらい発電を行って使用している電気はどの位なのかを一目でわかるように表示しています。

こちらは今現在、どの場所(負荷)が全体でどの位使っているのかを表示させています。 何を節約すれば節約になるのかがわかります。

現在の発電および売電状況です。

一日のうちでどの時間帯が一番使っているのかがわかるグラフとなります。

こちらの画面ではLANを経由して遠隔操作の行える機器を表示しております。 使っていない部屋の機器はこちらでも制御可能なので機器を停止することもできます。

ご自宅のエネルギーの見える化を行って、上手にエネルギーを使えば省エネ(節約) になります。

LINEで送る
Pocket

油入変圧器(トランス)の点検調査

今回は、工場などに設置されている変電所内に在る 油入変圧器(トランス)の点検調査を行いました。 調査は、トランス内に入っている電気絶縁油の酸化度の確認を行いました。

変電所内にこのようなトランスが入っています。

そして、その中はこのようになっていて、 電気絶縁油が透明な場合は劣化具合が少ないです。

電気絶縁油が赤茶色になってくると劣化が進んでいます。

絶縁油試験は、トランス内の電気絶縁油を採取し、小瓶にいれます。 小瓶には薬品が入っており、色が変わることで酸化度が確認できます。 左側がよく右に行くにしたがって劣化が進んでいきます。

1台目は左から2番か3番くらいで、結果は良好です。

2台目は左から5番か6番くらいで、かなりか劣化が進んでいます。

今回は、目視及び試験にて完了です。 交換などは、また今度行ないます。

電気設備は定期点検などを行って、安全に電気を使用してください。

LINEで送る
Pocket

プレキャスト工法の基礎を使用した工事

今回、プレキャスト工法の基礎を使用した工事をご紹介します。

外灯の高さや形状により異なりますが、今回は直径0.5mと深さ1.7mの円柱形の基礎での施工となりました。

プレキャスト工法とは、現場のコンクリート基礎形状に合わせた大きさで工場にて加工製作したものを現場に据え付ける基礎製作工法です。

コンクリートミキサー車の手配や打設での作業員費用の代わりに出来上がったものを設置することとなり、作業時間の短縮とコンクリートの品質確保など相対する要素が有ります。

このような作業で基礎を埋設設置しました。

現場でミキサー車の入りにくい場所、基礎工事のコンクリート流し込みから乾燥と強度確保までの数日にもかかる作業を数時間で実施できました。

電気工事も土木・建築工事と同じように、土工事や基礎工事が有ると知っていただけたら嬉しいです。

LINEで送る
Pocket

スマートメーター

みなさん、電気の積算電力計を御存じでしょうか。

電力会社の検針員が毎月検針に来て見ていくメーターの事です。

御自宅でこんなメーター見たことないですか。

このメーター、スマートメーターなるものに次々と交換されています。

簡単に言うとアナログからデジタルへ変更されているのですが、このスマートメーター、通信機能が搭載されているため検針員が毎月検針に来なくても遠隔で自動検針が可能です。又、ご契約のアンペア(電気容量)を工事しなくても遠隔で変更する事もできます。

他にも迅速な停電復旧やHEMS機器を設置する事で電気の見える化が実現でき、効果的に省エネを行うこともできるのです。

スマートメーターはみなさんのスマートライフに欠かせないメーターなのです。

LINEで送る
Pocket

小型移動式クレーン運転技能講習

小型移動式クレーン運転技能講習に行ってきました。講習は3日間で、最初の2日は学科、最後の1日は実技でした。

写真は、実技の受講風景です。

これで、クレーンを使った作業が出来る様になりました。

仕事の幅も広がり、効率も良くなります。

LINEで送る
Pocket

新年ご挨拶

謹んで新年をお祝い申し上げます。

東京五輪が開催される輝かしい年を迎え、出場する日本選手に大きな声援を送りたいと存じます。

さて、オリンピック投資が終わり、今年はオリンピック不況になる年でも有ります。 グローバル化による限界も垣間見られ、世界経済の混乱と紛争がグローバリズムの崩壊を暗示しているようにも見えます。

また、働き方改革が叫ばれる中、組織の活性化だけでは社会の変化に追い付けない現状も窺えます。業界再編が加速するなど、組織が新たな形を求める時代が到来しているように思えます。

今年は十二支の初めの年です。気持ちも新たに、混沌とした今の時代だからこそ、社会に良い影響を与えられる会社になれるよう粘り強く努力を重ねる所存です。

本年も宜しくご指導の程お願い申し上げます。

令和2年1月1日

 湯井電気株式会社

  代表取締役社長 湯井 知昭

LINEで送る
Pocket

ラック施工

これは、ケーブルラックと言うものです。

分電盤からのたくさんのケーブルを電気使用の場所まで乗せて工事します。

今回の写真は工場の一部ですが、大きい駅のプラットホームの上でも見られると思います。

LINEで送る
Pocket