建築現場の仮設電源について

現場作業で一般に使用する電源はおもに100V電源ですが、単相200V、三相200Vの電源も必要になることもあります。

現場では三相200Vの電源しか使用できなくて、100V電源が必要になる時があります。

そこで、必要な機器が降圧トランスになります。

降圧トランスは200V電圧を100V電源に変換してくれます。

降圧トランスのおかげで100V電源でいろいろな100V機器が使用可能になりました。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。