PCB分析

今回は、古くなった高圧機器の更新工事を行いました。

変電所内などに入っている高圧コンデンサー等には絶縁油が入っており、PCB(ポリ塩化ビフェニル)が混入している恐れが在りますので産業廃棄物処理を行う前にPCBの混入がないか分析調査を行わなければなりません。

 

このコンデンサーは、ネジで蓋がしてあるのでこのネジを緩めれば絶縁油が採取可能です。

 

しかしこのネジが、マイナスドライバ―で回せると思いきや中央部分が盛り上がっており、普通のマイナスドライバーでは回せません。
その為、古いマイナスドライバーを加工しネジの取外しを行いました。

 

無事ネジが取り外せました。

 

ネジ穴にスポイトを入れ絶縁油を採取します。
しかし絶縁油が、口元まで入っておらず本体を傾けながら採取を行いました。
採取した絶縁油を分析機関に提出し分析結果後に、適切に処分いたします。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。