住宅展示場新築工事

住宅展示場新築工事の電気設備工事を行っています。

今日は、分電盤を取付けました。

これが、分電盤です。

一般住宅と違って、規模が大きい。

取付も大変でした。

LINEで送る
Pocket

工場の改修工事

お客様の工場で分電盤からの配線の見た目が悪いので目隠しを取付けました。

目隠し取付前です。

電線が混乱しています。

目隠し取付完了です。

見た目きれいになりました。

これで、配線に引っかかったりすることもなくなります。

LINEで送る
Pocket

前回のブログの続きです。

キュービクルから電線を通すための配管を行いました。

建物まで地中を通ってきました。

壁に沿って配管を立ち上げました。

配管完了です。

このボックスから建物の中に入って分電盤に繋がります。

LINEで送る
Pocket

工場のキュービクル設置工事

工場のキュービクル(受変電設備)設置工事を行いました。

基礎を作るために型枠を組みました。

コンクリートを流し込んで基礎が出来上がりました。

キュービクルを設置して完成です。

電気工事でもこんな工事を行います。

LINEで送る
Pocket

これは何でしょう?

住宅の新築工事です。

この材料はどこに使われるものでしょうか。

ヒントは、この部分に使用します。

正解は、電気や電話などを建物にに引き込む線を引っかけるための金物でした。

他にもいろいろな種類の金物があります。

皆さんも、自分の家の周りをご覧になってください。いろんな物が発見できますよ。

LINEで送る
Pocket

自立盤設置

今回、工場で自立盤の設置を行いました。

最初に搬入された盤の梱包を開けて、架台の設置をします。

架台を固定するためにアンカーを打つ部分の位置を出します。

次にアンカーを打ち込む為の穴を開けます。

穴を開けた所にアンカーを打ち込みます。

架台をアンカーで固定します。

盤を架台の上に乗せてボルトで固定して設置完了です。

完了しました。

LINEで送る
Pocket

高所作業車紹介

この作業車は、バッテリー駆動型です。

現在充電中です。

以前の作業車は、エンジン駆動型だったので、今後は少し、エコに貢献です。

LINEで送る
Pocket

新年ごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。

リーマンショック以上の経済下落が懸念される中の年明けとなりました。
本年も気を引き締めて会社の舵を取って行く所存です。

アメリカと中国の貿易摩擦、イギリスのEU離脱、トランプ政権の政治不安は、マスコミで取り上げられる景気の不安材料となっております。それに加えて、五輪投資の終焉と中東の混乱による経済下落、そして10月の10%消費税がどう作用して行くのか。本年はまさに危機に直面する場面が顕著に予想されます。

時代の局面としては、終わるものと始まるものがあり、変化を求める人と変化に対応できない人が共に増えて行く年回りのようです。時代の流れを踏まえて新しいもののやり方を取り入れる柔軟な発想で仕事に臨みたいと存じます。

本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

平成31年1月1日
湯井電気株式会社
代表取締役社長 湯井 知昭

 

 

LINEで送る
Pocket


全体清掃日

毎週金曜日は、全体清掃日です。

清掃風景を撮りました。

全社員で、倉庫、車両等の清掃を行います。

 

 

LINEで送る
Pocket


照明器具・換気扇取付

 

住宅改修工事で照明器具と換気扇の取付を行いました。

天井ボードを張る前です。

天井ボードを張った後、照明器具用の穴を開けました。

照明器具を取付けて完成です。

点灯すると、こんな感じです。

 

LINEで送る
Pocket